忍者ブログ
女性向けマッサージを盛り上げてくれるメディアについて。
雑誌週刊誌などのメディアでも、
たまに女性向けマッサージに関する話題が取り上げられます。
女性向けマッサージがメディアで取り上げられるときの種類は2種類です。
①ネガティブな体験談
②はじめて味わった体験談
①に関しては、男が女の希望にそぐわないマッサージをしてしまう場合です。
マッサージのサービス内容は様々でしょうが、
要するに、マッサージ(サービス)が終わる段階で、
安定した着地点に着陸できなかった、というパターンです。
以前からこのブログで何度もこの話はしています。
女性向けマッサージは、マッサージを媒介にして、
女と男が共に作り上げる物語です。
女と男の攻防(心と体のせめぎ合い)を繰り返しながら、
物語をソフトランディングで終わらせるための着地点を模索します。
ですので女と男の社会的コミュニケーションが重要です。
マッサージを施す男性は自己満足完結型にならないようにご注意してください。
②に関しては、女が男のマッサージにとても満足した場合です。
様々なマッサージサービスによって心と体が満足した状態で、
物語を終わらせることができたことへの満足感でしょう。
密室の異空間で繰り広げる女と男の攻防がエネルギー・活力となり、
お互いの心と体を明日へ繋げることが可能です。
女性向けマッサージが明日へ繋げるエネルギー・活力になることを願っております。
PR
女性向けマッサージは男が女にマッサージサービスで奉仕します。
女性は男性が奉仕するマッサージサービスを純粋にたのしみます。
ではどのようなたのしみがあるのでしょうか。
①マッサージで気持ち良くなれるたのしみ(快感脳内ホルモン分泌)
②マッサージでストレスが解消されるたのしみ(緊張状態の弛緩)
③マッサージで細胞が潤うたのしみ(潤滑油オイル作用)
④マッサージで適度な疲労感を味わえるたのしみ(他動的筋運動)
⑤マッサージで血流促進するたのしみ(毛細血管拡張作用)
⑥マッサージで非日常性を体験できるたのしみ(異空間性)
⑦マッサージで他者と繋がるたのしみ(女と男の攻防)
⑧マッサージで自分の心と体を探求できる楽しみ(知識・体験欲求)
などなど、列挙しだすときりがありませんね。
「女性向けマッサージのたのしみ」を純粋にお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージは全身くまなくマッサージします。
具体的には、頭頂から足先までです。
施術者によってマッサージの手技は様々ですが、
リラクゼーションが目的のマッサージの場合は、
熟達した施術者は必ず全身をマッサージします。
全身くまなくマッサージすることで、
全体表の毛細血管を拡張させて血流を促します。
アンチエイジングを実践されている50代半ばの女性が以下のように言っていました。
「私はいつも体表で血流が滞りやすい箇所をマッサージしています。
そうすることで、全ての活動がイキイキしてきます。
色々なアンチエイジングの手法があるでしょうけど、
私の場合はとにかく血流が滞らないことのみに焦点を絞っています」
私から見てその50代半ばの女性は40代前半に見えました。
普段はセルフマッサージを継続しながら、
たまに自分へのご褒美にホテルでマッサージを受けられるみたいです。
女性向けマッサージというサービスの存在が、
女性にとって有意義な存在でありますようにと願っております。
女性向けマッサージはコミュニケーションのひとつです。
この世の中の醍醐味は、
人と人が繋がることによる反応です。
ひとりで考えたり妄想したりする時間も大切な時間ですが、
ひとりがもうひとりと繋がり、
その反応を体験することも大切な時間です。
そしてまたひとりになったときに、
体験後の副反応による相乗効果が得られるでしょう。
体験には陰陽によるプラスマイナスがあるのは言うまでもありません。
二極化・陰陽・プラスマイナスを体験し楽しめるというのなら、
貴女はもうこの世のステージのマスターかもしれませんね。
施術者と女性、双方の愛と勇気で、
女性向けマッサージの一幕を作り上げてくださいませ。
女性のラブライフについて探求されています女性を見つけました。
OLIVIAさんというお方です。
ラブライフアドバイザーでアロマセラピストというキャリアのお方です。
ライブドアからのリンクで彼女の記事を読みました。
とても興味深い内容でしたので、
ご紹介がてらに以下にリンクさせていただきます。
彼女の記事一覧
各地で「LOVEもみ講座」などのワークも開催されているみたいです。
女性のラブライフが益々充実したものになりますようにと、
女性向けマッサージの業界も願っております。
女性向けマッサージは終わり方が重要です。
女性向けマッサージは施術者によりサービス内容は千差万別です。
マッサージというサービス業全般に言えることですが、
例えばマッサージチェーンの店舗で同じ料金を支払っても、
マッサージを施す施術者によって手技内容は変わります。
料金は同じなのに受けれるサービス内容はかわります。
電化製品やブランドバッグのようなモノを買う場合ではありえません。
モノは価格に見合った統一性がありますが、
残念ながら、マッサージは価格に見合った統一性がありません。
さらには、マッサージをする側とされる側との「心と体の対話」が付加されます。
受ける時間帯やその場の環境など、様々な要素が絡み合います。
要するに、マッサージが終わる段階で、
お互いの心が満足できるかがポイントになってきます。
施術者によってサービス内容は様々ですが、
最終的に心が満足する女性向けマッサージが理想ですね。
女性向けマッサージの特殊性について。
世の中には様々なサービスが存在します。
人間は様々なサービスを提供・享受して、
それなりの満足感を味わいながら、
時間の隙間を埋めています。
サービス提供・享受=満足感=時間の経過
満足感が得られないサービスの場合は、
提供する側も享受する側もストレスが生じます。
埋めた時間の隙間に歪み(ゆがみ)が生じてきます。
目には見えない「時間の隙間のゆがみ」を、
「因縁」とか「カルマ」と表現してもいいかもしれません。
女性向けマッサージにおいては、
サービスの総合的評価が提供者♂と享受者♀の共演によって決まります。
サービスを共に作り上げ、満足し、時間の隙間を埋める。
女性向けマッサージの特殊性をご説明させていただきました。
「米ニューヨークで添い寝セラピー誕生」という話題を見つけました。
ロイター通信の以下リンク記事がその内容です。
http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYEA1I05A20140219
添い寝セラピーはこれまでもアングラでは話題になっていましたが、
セラピー最前線のアメリカで民間療法としての確立を目指すという、
方向性が示されたことが、とれも興味深いことです。
添い寝が及ぼす科学的なセラピー効果の実証データとしては、
脳内ホルモンのオキシトシンとドーパミンがキーになっています。
セラピーとしてのハグや添い寝といった分野は、まだまだ日本では普及していませんが、
マッサージはセラピーとして同じ効果が期待できる分野でしょう。
様々なセラピーの中での女性向けマッサージとの関連付けをご提示させていただいた次第です。
女性向けマッサージを受ける時間帯は重要です。
オーダーの時間帯で多いパターンは以下になります。
(1)昼下がりの時間帯(13時~16時)
(2)ゴールデンタイムの時間帯(21時~24時)
(3)深夜の時間帯(24時~27時)
オーダーの時間帯別で女性客の特徴も分かれます。
(1)昼下がりの余暇を持て余している方が多い
   事前予約が多い
   自宅出張が多い
(2)規則正しい生活をしている方が多い
   事前予約が多い
   自宅出張が多い
(3)ビジネスウーマンが多い
   急な依頼が多い
   ホテル出張が多い
などなど、簡単に書いてみました。
女性向けマッサージは受ける時間帯によって感受性が変わりますので、
施術者の方々も時間帯別に様々なアプローチが必要になってきます。
時間帯別の女性向けマッサージをお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージの収支について。
全国的に見て、女性向けマッサージの平均単価は、
1回の施術(2時間くらい)がおおよそ1万円~2万円くらいです。
例えば、1回1万5千円とします。
売れっ子マッサージ師さんなら1日2人はするでしょう。
1日の売上は1万5千円×2人=3万円になります。
月に22日働いたとして、月収が66万円になります。
女性向けマッサージの経費はどうでしょうか。
出張にかかる交通費は基本的にお客さんが負担します。
施術料金に交通費が含まれている場合と、
別途交通費を請求する場合とがあります。
電車もしくは車のガソリン代やパーキング代などです。
ホテルでの施術の場合は、ホテル代はお客さんが負担します。
施術消耗品・備品としては、マッサージオイル、施術服、タオル類になります。
例えば、超売れっ子マッサージ師さんなら、
1回2万円で1日2人はするでしょうから、
1日4万円の売上で月に20日働いて80万円になり、
年収1千万円も夢ではないでしょうね。
もちろんこの仕事は体力仕事ですので、
女性向けマッサージ師さんはお体にお気をつけくださいませ。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
鍼灸、マッサージ、整体
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
∞京都市内在住の40代です。
∞2000年から女性向けマッサージをしています。
∞京都を中心に関西で活動しています。
∞女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
∞「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
∞女性向けマッサージに関するご依頼やご要望は以下メールへ。
massage_man69woman@yahoo.co.jp
> カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)