忍者ブログ
女性のラブライフについて探求されています女性を見つけました。
OLIVIAさんというお方です。
ラブライフアドバイザーでアロマセラピストというキャリアのお方です。
ライブドアからのリンクで彼女の記事を読みました。
とても興味深い内容でしたので、
ご紹介がてらに以下にリンクさせていただきます。
彼女の記事一覧
各地で「LOVEもみ講座」などのワークも開催されているみたいです。
女性のラブライフが益々充実したものになりますようにと、
女性向けマッサージの業界も願っております。
PR
女性向けマッサージは終わり方が重要です。
女性向けマッサージは施術者によりサービス内容は千差万別です。
マッサージというサービス業全般に言えることですが、
例えばマッサージチェーンの店舗で同じ料金を支払っても、
マッサージを施す施術者によって手技内容は変わります。
料金は同じなのに受けれるサービス内容はかわります。
電化製品やブランドバッグのようなモノを買う場合ではありえません。
モノは価格に見合った統一性がありますが、
残念ながら、マッサージは価格に見合った統一性がありません。
さらには、マッサージをする側とされる側との「心と体の対話」が付加されます。
受ける時間帯やその場の環境など、様々な要素が絡み合います。
要するに、マッサージが終わる段階で、
お互いの心が満足できるかがポイントになってきます。
施術者によってサービス内容は様々ですが、
最終的に心が満足する女性向けマッサージが理想ですね。
女性向けマッサージの特殊性について。
世の中には様々なサービスが存在します。
人間は様々なサービスを提供・享受して、
それなりの満足感を味わいながら、
時間の隙間を埋めています。
サービス提供・享受=満足感=時間の経過
満足感が得られないサービスの場合は、
提供する側も享受する側もストレスが生じます。
埋めた時間の隙間に歪み(ゆがみ)が生じてきます。
目には見えない「時間の隙間のゆがみ」を、
「因縁」とか「カルマ」と表現してもいいかもしれません。
女性向けマッサージにおいては、
サービスの総合的評価が提供者♂と享受者♀の共演によって決まります。
サービスを共に作り上げ、満足し、時間の隙間を埋める。
女性向けマッサージの特殊性をご説明させていただきました。
「米ニューヨークで添い寝セラピー誕生」という話題を見つけました。
ロイター通信の以下リンク記事がその内容です。
http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYEA1I05A20140219
添い寝セラピーはこれまでもアングラでは話題になっていましたが、
セラピー最前線のアメリカで民間療法としての確立を目指すという、
方向性が示されたことが、とれも興味深いことです。
添い寝が及ぼす科学的なセラピー効果の実証データとしては、
脳内ホルモンのオキシトシンとドーパミンがキーになっています。
セラピーとしてのハグや添い寝といった分野は、まだまだ日本では普及していませんが、
マッサージはセラピーとして同じ効果が期待できる分野でしょう。
様々なセラピーの中での女性向けマッサージとの関連付けをご提示させていただいた次第です。
女性向けマッサージを受ける時間帯は重要です。
オーダーの時間帯で多いパターンは以下になります。
(1)昼下がりの時間帯(13時~16時)
(2)ゴールデンタイムの時間帯(21時~24時)
(3)深夜の時間帯(24時~27時)
オーダーの時間帯別で女性客の特徴も分かれます。
(1)昼下がりの余暇を持て余している方が多い
   事前予約が多い
   自宅出張が多い
(2)規則正しい生活をしている方が多い
   事前予約が多い
   自宅出張が多い
(3)ビジネスウーマンが多い
   急な依頼が多い
   ホテル出張が多い
などなど、簡単に書いてみました。
女性向けマッサージは受ける時間帯によって感受性が変わりますので、
施術者の方々も時間帯別に様々なアプローチが必要になってきます。
時間帯別の女性向けマッサージをお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージの収支について。
全国的に見て、女性向けマッサージの平均単価は、
1回の施術(2時間くらい)がおおよそ1万円~2万円くらいです。
例えば、1回1万5千円とします。
売れっ子マッサージ師さんなら1日2人はするでしょう。
1日の売上は1万5千円×2人=3万円になります。
月に22日働いたとして、月収が66万円になります。
女性向けマッサージの経費はどうでしょうか。
出張にかかる交通費は基本的にお客さんが負担します。
施術料金に交通費が含まれている場合と、
別途交通費を請求する場合とがあります。
電車もしくは車のガソリン代やパーキング代などです。
ホテルでの施術の場合は、ホテル代はお客さんが負担します。
施術消耗品・備品としては、マッサージオイル、施術服、タオル類になります。
例えば、超売れっ子マッサージ師さんなら、
1回2万円で1日2人はするでしょうから、
1日4万円の売上で月に20日働いて80万円になり、
年収1千万円も夢ではないでしょうね。
もちろんこの仕事は体力仕事ですので、
女性向けマッサージ師さんはお体にお気をつけくださいませ。
女性向けマッサージのトラブルが増えているみたいです。
男性施術者が女性客の意にそわないサービスをすることが、
トラブルの一番の原因になります。
密室で男が女にマッサージを施すのが女性向けマッサージです。
この密室空間ではどちらの意識も究極に変容しますので、
最果ての宇宙を漂っている感覚にさえ陥る場合があります。
変容した意識の中でも安全に女性をナビゲートできる男性施術者のみが、
女性向けマッサージを永年継続されているのかもしれませんね。
何はともあれ、安心安全衛生的なサービスを心がけてくださいませ。
女性向けマッサージに関する記事がありました。
週刊誌「AERA」2013年12月2日号です。
記事タイトルを以下リンクしておきます。
『切除したはずの乳房に感覚 夫の「愛情療法」で』
キーワードは「心と体」みたいです。
詳細な記事全文はAERAをご購読くださいませ。
ちなみに同雑誌にはこのような以下リンク記事もありました。
『セックスはコミュニケーション願望の究極形?』
女性向けマッサージの可能性をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージを本業でされてきた男性施術者さんが、
この仕事だけでは生活が成り立たなくなったのが理由で、
本業の職種をタクシー運転手にかえられました。
女性向けマッサージを本業で数十年続けるのは至難の業になります。
その理由は様々ですが、経済的な理由が多いみたいです。
というわけで、女性向けマッサージを本業ではなく、
副業でされている方がほとんどみたいです。
ちなみに本業をタクシー運転手にかえられた男性は、
これからも副業で女性向けマッサージをされるみたいです。
これまでの熟練技術が絶えないように、
益々のご活躍を願っております。
女性向け官能小説の話題をニュースで見つけました。
詳細を以下にリンクしておきます。
女性向け「官能小説」人気、レーベル相次ぎ誕生 社会進出とリンク
以上のタイトル記事になります。
大昔から官能小説は存在しています。
さらにその読者層は、昔から女性が多かったのも事実です。
男性の場合は、視覚的に官能を受ける非現実なアダルトビデオやグラビア写真を好みますが、
女性の場合は、段階的に官能を受ける「現実にあるかもしれないシチュエーション」の物語を好むみたいです。
女性向け官能小説の中には、女性の心と体を紐解く様々なヒントがありそうです。
女性向け官能小説レーベルの益々の活況を願っております。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
40代です。
女性向けマッサージ暦は16年超です。
関西で活動しています。
女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
> カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)