忍者ブログ
女性向けマッサージを選ぶ基準について。
女性向けマッサージのお店はたくさんありますので、
お店を選ぶときに苦労している女性は多いと思います。
女性向けマッサージを希望するときに重要なことは、
①自分がしてほしいこと(WANT)
②自分がされたくないこと(NG)
この2点を明確にすることです。
この2点さえはっきりしていれば、
あとはそのことを明確に施術者に伝えておけば、
サービス全体の最終的なスタンダードの満足度は得られるでしょう。
女性向けマッサージにおいての苦情で一番多いのは、
望んでもいない行為を無理やりされたという場合です。
NG行為を事前に相手に知らせることでそれは回避できます。
自分が望んでいることを相手に明確に表示することで、
最低限の基礎的満足度は達成するでしょう。
女性向けマッサージの最低限の楽しみ方を提示させていただきました。
ただし女と男の楽しみ方は無限であることをお忘れなく。
PR
女性向けマッサージを長年続けていますと、
人間の奥深くにある意識の探求をしてしまう癖がついてしまいます。
他の多くの関係施術者の方々も状況は同じだと思います。
どうしても意識の探求をしてしまうことになるのです。
女性向けマッサージ業をする中で、
多くの女性たちから多くのことを学びました。
学べば学ぶほど、人それぞれであり、
様々な意識が生まれ続けています。
生まれ続ける様々な意識の行方を感じ取りながら、
その意識が次へ繋がる方位へバトンを送りたい。
女性向けマッサージ業に従事する多くの方々は、
そのような意識の探求をしているのだを思います。
これからも女性たちから多くのことを学んでくださいませ。
女性向けマッサージの依頼が増える時期は、
私的な経験上、年間通して2期あります。
第1期は春から初夏まで。
第2期は晩夏から秋まで。
さらにそれぞれの時期の女性客の欲求に特徴があります。
第1期は本能的欲求が強い女性客が多いです。
第2期は理性的欲求が強い女性客が多いです。
※本能的欲求=自然と心と体が女性向けマッサージを欲求する
※理性的欲求=自覚し心と体が女性向けマッサージを欲求する
第1期と第2期では女性客の欲求の特徴が違う場合が多いので、
施術者の方々は女性客の欲求ベクトルをしっかり嗅ぎ分けてくださいませ。
女性向けマッサージ業を同じ店名で
5年以上継続している業者さんは少ないです。
定期的・継続的に女性向けマッサージ店のHPを追っかけていますが、
多くのHPが2年以内に消えていくのが現状です。
ではなぜ継続しないお店が多いのでしょうか。
その理由を考察してみます。
①経済的事情から継続しない。
②体力的事情から継続しない。
③家庭内事情から継続しない。
④女性客とのトラブルから継続しない。
多くがこの4つの理由のために継続しないお店が多いと考察します。
このように様々な事情があるでしょうが、
愛と勇気で女性向けマッサージ業を継続してくださいませ。
女性向けマッサージの被害報告について。
一年を通して50人以上の女性から情報メールが送られてきます。
その大半は被害メールです。
被害内容の概要は以下になります。
①実際受けたサービス内容がHP案内とは違い過ぎた。
②外見がヤバ過ぎてひいた。
③マッサージが下手で単に体をもてあそばれた。
④望んでもいないサービスを強要された、強要されかけた。
⑤相手が自ずと裸になって本番をしようとしてきた、本番をされた。
⑥サービスアフターに執拗なメールが来た。
以上の被害内容パターンが多いみたいです。
女性向けマッサージの選択は丁か半か博打です。
様々な情報を吟味してから自己責任でご利用してくださいませ。
女性向けマッサージを定期的に受けている女性は、
規則正しい健全な生活を送っている女性が多いです。
規則正しい健全な生活の中に非日常体験を忍ばせます。
そうすることで健全な生活を規則正しく送ることができるのです。
規則正しい健全な生活を送りながら、
女性向けマッサージを定期的に受けることで、
自分の心と体のバランスを保っています。
規則正しい健全な生活と非日常体験との二律背反をお楽しみくださいませ。
女性とはじめて面会して女性向けマッサージをするときは、
女性の心と体の状態を感じ取るために、
少なからず緊張しながらも、
女性の内部に入り込んでいきます。
カウンセリング的な質問をしたり、
女性が発する話を聞いてあげたりします。
そしてゆっくり体全体をマッサージしていきます。
マッサージしている最中は、
指や掌で女性の体の表面から内部に入り込んでいきます。
女と男がマッサージによって繋がる感覚が閾値であり到達点です。
閾値であり到達点である女と男が繋がる感覚をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージをした女性の本音あれこれ。
とある女性は知人女性から噂を聞いたと言って依頼してきました。
その知人女性が「こんなサービスがあるみたいよ」と言ってきたから、
「じゃあ私が試しに一度受けて来てみるわ」と軽いノリで言ったのです。
その女性は軽いノリで女性向けマッサージを依頼しました、
と最初は言っていたのですが、
多くの女性の場合と同様に、
実はそんな軽いノリでは無かったことが後々判明します。
このようなサービスを依頼してくる女性の多くは、
なんらかの理由を抱えている女性がほとんどです。
なんらかの理由があって女性向けマッサージに辿り着きます。
辿り着いた先が賢明な選択だったかどうかは、
そのサービスを受けてみなければわかりません。
あれやこれやと考えた末に女性向けマッサージに辿り着くのです。
そういった女性の本音をこの業界は受け入れているのですが、
その女性の最適な行く末に繋がっているのか否かは不明です。
ちなみにこの女性の場合は最終的に、
いざこざが続いていた旦那さんと離婚したと聞いています。
要するに既に破綻していた旦那さんとの関係の中で、
知人女性から噂を聞いて女性向けマッサージを依頼したことがわかりました。
様々な理由からできた心の隙間を様々な消費財・サービスが埋め合わせます。
女性向けマッサージもその消費財・サービスのほんの一つに過ぎません。
サービスを受けている最中とサービスを受けた後の心の状態が、
どちらも満たされた状態であるならば素晴らしいですね。
時間経過と共に様々な要因が絡み合って心の状態は変化し続けますので、
女性向けマッサージも様々な要因のほんのひとかけらなのでしょう。
なにわともあれ賢明なご判断の元に女性向けマッサージをご依頼してくださいませ。
女性向けマッサージをした女性の本音を書いてみます。
あくまで私的な範囲で得たデータです。
15年やっていますので様々な女性の本音を聞いています。
彼女たちにしてみればとても真面目で奥深い本音です。
<女性の本音あれこれ>
旦那とは離婚はしていないが家庭内別居が続いていている。
旦那とは寝室は別でセックスもしていない。
私も働いているけど経済的な理由で離婚までには踏み切れない。
子育てもひと段落が着いて自分の時間が持てるようになった。
春先になんとなく体がウズウズするようになり人肌が恋しくなる。
ふとネットで女性向けマッサージなるモノを発見し衝撃を受ける。
このような女性向けマッサージサービスがあるのだと知らなかった。
初めて受けた業者さんがとても真摯なサービスだったので幸運でした。
もし最初に受けた業者が最悪だったらもう二度と受けていなかった。
二度目に受けた業者さんも内容は違ったがとても良かった。
これまでにおおよそ10回くらい受けています。
そのうち3回は残念な業者でした。
理由はマッサージの内容が最悪でその後のサービスに気持ちが乗らなかった。
マッサージの内容がちゃんとしていないと信用ができなくなります。
人物の真摯さ、説明、会話、雰囲気、しつこくなくて後腐れがない、などが重要。
女性の心と体を癒せる最低限のマッサージ技術と
女性の心と体を安心させる会話や雰囲気が大事みたいです。
女性向けマッサージの依頼が最も多くなる季節ですので、
様々な女性から本音を聞いてサービスに役立ててくださいませ。
女性向けマッサージとは関係のないお話ですが・・・。
「セックスで痩せる理由5つ」という以下リンクの記事を見つけました。
http://news.livedoor.com/article/detail/9970682/
以下に理由5つを引用しておきます。
①コルチゾールが減る
②消費カロリーもかなり高い
③ストレスが減る
④キレイに観られたい
⑤性欲が食欲を抑える
女性向けマッサージとは関係のないお話ですが、
上記の理由5つが女性向けマッサージと意味深に関係していますので、
とりあえずこの記事を取り上げてみた次第です。
女性向けマッサージとは関係のないお話でした。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
40代です。
女性向けマッサージ暦は17年超です。
関西で活動しています。
女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
> カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)