忍者ブログ
女性向けマッサージを定期的に受けている女性は、
規則正しい健全な生活を送っている女性が多いです。
規則正しい健全な生活の中に非日常体験を忍ばせます。
そうすることで健全な生活を規則正しく送ることができるのです。
規則正しい健全な生活を送りながら、
女性向けマッサージを定期的に受けることで、
自分の心と体のバランスを保っています。
規則正しい健全な生活と非日常体験との二律背反をお楽しみくださいませ。
PR
女性とはじめて面会して女性向けマッサージをするときは、
女性の心と体の状態を感じ取るために、
少なからず緊張しながらも、
女性の内部に入り込んでいきます。
カウンセリング的な質問をしたり、
女性が発する話を聞いてあげたりします。
そしてゆっくり体全体をマッサージしていきます。
マッサージしている最中は、
指や掌で女性の体の表面から内部に入り込んでいきます。
女と男がマッサージによって繋がる感覚が閾値であり到達点です。
閾値であり到達点である女と男が繋がる感覚をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージをした女性の本音あれこれ。
とある女性は知人女性から噂を聞いたと言って依頼してきました。
その知人女性が「こんなサービスがあるみたいよ」と言ってきたから、
「じゃあ私が試しに一度受けて来てみるわ」と軽いノリで言ったのです。
その女性は軽いノリで女性向けマッサージを依頼しました、
と最初は言っていたのですが、
多くの女性の場合と同様に、
実はそんな軽いノリでは無かったことが後々判明します。
このようなサービスを依頼してくる女性の多くは、
なんらかの理由を抱えている女性がほとんどです。
なんらかの理由があって女性向けマッサージに辿り着きます。
辿り着いた先が賢明な選択だったかどうかは、
そのサービスを受けてみなければわかりません。
あれやこれやと考えた末に女性向けマッサージに辿り着くのです。
そういった女性の本音をこの業界は受け入れているのですが、
その女性の最適な行く末に繋がっているのか否かは不明です。
ちなみにこの女性の場合は最終的に、
いざこざが続いていた旦那さんと離婚したと聞いています。
要するに既に破綻していた旦那さんとの関係の中で、
知人女性から噂を聞いて女性向けマッサージを依頼したことがわかりました。
様々な理由からできた心の隙間を様々な消費財・サービスが埋め合わせます。
女性向けマッサージもその消費財・サービスのほんの一つに過ぎません。
サービスを受けている最中とサービスを受けた後の心の状態が、
どちらも満たされた状態であるならば素晴らしいですね。
時間経過と共に様々な要因が絡み合って心の状態は変化し続けますので、
女性向けマッサージも様々な要因のほんのひとかけらなのでしょう。
なにわともあれ賢明なご判断の元に女性向けマッサージをご依頼してくださいませ。
女性向けマッサージをした女性の本音を書いてみます。
あくまで私的な範囲で得たデータです。
15年やっていますので様々な女性の本音を聞いています。
彼女たちにしてみればとても真面目で奥深い本音です。
<女性の本音あれこれ>
旦那とは離婚はしていないが家庭内別居が続いていている。
旦那とは寝室は別でセックスもしていない。
私も働いているけど経済的な理由で離婚までには踏み切れない。
子育てもひと段落が着いて自分の時間が持てるようになった。
春先になんとなく体がウズウズするようになり人肌が恋しくなる。
ふとネットで女性向けマッサージなるモノを発見し衝撃を受ける。
このような女性向けマッサージサービスがあるのだと知らなかった。
初めて受けた業者さんがとても真摯なサービスだったので幸運でした。
もし最初に受けた業者が最悪だったらもう二度と受けていなかった。
二度目に受けた業者さんも内容は違ったがとても良かった。
これまでにおおよそ10回くらい受けています。
そのうち3回は残念な業者でした。
理由はマッサージの内容が最悪でその後のサービスに気持ちが乗らなかった。
マッサージの内容がちゃんとしていないと信用ができなくなります。
人物の真摯さ、説明、会話、雰囲気、しつこくなくて後腐れがない、などが重要。
女性の心と体を癒せる最低限のマッサージ技術と
女性の心と体を安心させる会話や雰囲気が大事みたいです。
女性向けマッサージの依頼が最も多くなる季節ですので、
様々な女性から本音を聞いてサービスに役立ててくださいませ。
女性向けマッサージとは関係のないお話ですが・・・。
「セックスで痩せる理由5つ」という以下リンクの記事を見つけました。
http://news.livedoor.com/article/detail/9970682/
以下に理由5つを引用しておきます。
①コルチゾールが減る
②消費カロリーもかなり高い
③ストレスが減る
④キレイに観られたい
⑤性欲が食欲を抑える
女性向けマッサージとは関係のないお話ですが、
上記の理由5つが女性向けマッサージと意味深に関係していますので、
とりあえずこの記事を取り上げてみた次第です。
女性向けマッサージとは関係のないお話でした。
女性向けマッサージを受けたくなる季節があります。
私的な経験データから申し上げますと、
女性向けマッサージの依頼が多くなる季節はズバリ4月~6月です。
私的な感覚から申し上げますと、
この時期は自律神経が乱れやすくなる季節だと感じます。
冬の間は眠っていた女性としての感覚が春先に目覚めます。
「寝た子を起こす」的な役割が女性向けマッサージにはあります。
寝た子は寝たままにしてあげるのが良いのか、
寝た子は起こしてあげるのが良いのかは、
そのとき女と男が作り上げる物語次第です。
まずは女性が受けるか否かを慎重に吟味してくださいませ。
女性向けマッサージと繋がりが深いホテルについて。
「最近増えているホテル好き女子とは」という話題記事を見つけました。
http://news.livedoor.com/article/detail/9863825/
キーワードは非日常的空間です。
非日常の外食ディナーをして、
その後、非日常のホテル部屋空間で過ごします。
ホテルの窓から見える夜景やネオン灯も非日常です。
ホテル部屋空間に置かれている備品や内装も非日常です。
真っ白なシーツに包まれたいつもとは違う硬さのベッドも非日常です。
広めのシャワールームや大風呂完備のホテルも非日常です。
ホテルを利用する行為には様々な非日常エッセンスがとけ込んでいます。
非日常というキーワードで女性向けマッサージと繋がりが深いホテルのお話でした。
女性向けマッサージをマーケティングするには、
女性の様々な角度からの意識を探求する必要があります。
女性の様々な角度からの女性向けマッサージへの意識について書いてみます。
①女性はどのようなときに女性向けマッサージを受けたくなるのか。
②女性はどのような内容の女性向けマッサージを希望しているのか。
③女性はどのような人物の女性向けマッサージを受けてみたいのか。
④女性はどのような効果的女性向けマッサージを希望しているのか。
⑤女性はどのような意義を女性向けマッサージに希求しているのか。
様々なタイプの女性の意識がありますので、
女性向けマッサージサービス提供者はそれぞれの意識を、
最終的に愛と勇気で包み込んでくださいませ。
女性向けマッサージを昼下がりに受けたい場合は、
デイユースホテルの利用がオススメです。
デイユースホテルとはシティーホテル・ビジネスホテルなどで、
お昼の時間帯に利用することができるホテルサービスです。
多くのホテルでデイユースサービスを行なっています。
じゃらんや楽天トラベルなどの総合宿泊予約サイトでも、
デイユース利用サービスカテゴリーを設けていますので、
デイユースサービスが可能なホテルリストを検索する際は、
じゃらんや楽天トラベルをご利用くださいませ。
じゃらん 日帰り・デイユース
楽天トラベル 日帰り・デイユース
女性向けマッサージの原点はあくまで普通のマッサージです。
女性向けマッサージ業に従事している男性の多くは、
元々は普通のマッサージ業に従事している方々でした。
様々な理由で女性向けマッサージに目覚めるのですが、
その理由で一番多いのが「需要があるから」という理由です。
いかにも当たり前の理由なのですが、
普通のマッサージ業をやり始めたときは、
そのような需要があるとはまったく考えていなかった場合が多いのです。
しかし女性の体を男性がくまなくマッサージすることで、
元々意図していなかった女性の反応が現場で起こり始めます。
男性は女性の体を普通にマッサージしているだけなのに、
女性の体はあれやこれやと様々な反応を示し始めます。
女性向けマッサージのとても重要な原点を書いてみた次第です。
女性向けマッサージであれやこれやとお楽しみくださいませ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
∞京都市内在住の40代です。
∞2000年から女性向けマッサージをしています。
∞京都を中心に関西で活動しています。
∞女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
∞「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
∞女性向けマッサージに関するご依頼やご要望は以下メールへ。
massage_man69woman@yahoo.co.jp
> カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)