忍者ブログ
女性向けマッサージを受けたくなる季節があります。
私的な経験データから申し上げますと、
女性向けマッサージの依頼が多くなる季節はズバリ4月~6月です。
私的な感覚から申し上げますと、
この時期は自律神経が乱れやすくなる季節だと感じます。
冬の間は眠っていた女性としての感覚が春先に目覚めます。
「寝た子を起こす」的な役割が女性向けマッサージにはあります。
寝た子は寝たままにしてあげるのが良いのか、
寝た子は起こしてあげるのが良いのかは、
そのとき女と男が作り上げる物語次第です。
まずは女性が受けるか否かを慎重に吟味してくださいませ。
PR
女性向けマッサージと繋がりが深いホテルについて。
「最近増えているホテル好き女子とは」という話題記事を見つけました。
http://news.livedoor.com/article/detail/9863825/
キーワードは非日常的空間です。
非日常の外食ディナーをして、
その後、非日常のホテル部屋空間で過ごします。
ホテルの窓から見える夜景やネオン灯も非日常です。
ホテル部屋空間に置かれている備品や内装も非日常です。
真っ白なシーツに包まれたいつもとは違う硬さのベッドも非日常です。
広めのシャワールームや大風呂完備のホテルも非日常です。
ホテルを利用する行為には様々な非日常エッセンスがとけ込んでいます。
非日常というキーワードで女性向けマッサージと繋がりが深いホテルのお話でした。
女性向けマッサージをマーケティングするには、
女性の様々な角度からの意識を探求する必要があります。
女性の様々な角度からの女性向けマッサージへの意識について書いてみます。
①女性はどのようなときに女性向けマッサージを受けたくなるのか。
②女性はどのような内容の女性向けマッサージを希望しているのか。
③女性はどのような人物の女性向けマッサージを受けてみたいのか。
④女性はどのような効果的女性向けマッサージを希望しているのか。
⑤女性はどのような意義を女性向けマッサージに希求しているのか。
様々なタイプの女性の意識がありますので、
女性向けマッサージサービス提供者はそれぞれの意識を、
最終的に愛と勇気で包み込んでくださいませ。
女性向けマッサージを昼下がりに受けたい場合は、
デイユースホテルの利用がオススメです。
デイユースホテルとはシティーホテル・ビジネスホテルなどで、
お昼の時間帯に利用することができるホテルサービスです。
多くのホテルでデイユースサービスを行なっています。
じゃらんや楽天トラベルなどの総合宿泊予約サイトでも、
デイユース利用サービスカテゴリーを設けていますので、
デイユースサービスが可能なホテルリストを検索する際は、
じゃらんや楽天トラベルをご利用くださいませ。
じゃらん 日帰り・デイユース
楽天トラベル 日帰り・デイユース
女性向けマッサージの原点はあくまで普通のマッサージです。
女性向けマッサージ業に従事している男性の多くは、
元々は普通のマッサージ業に従事している方々でした。
様々な理由で女性向けマッサージに目覚めるのですが、
その理由で一番多いのが「需要があるから」という理由です。
いかにも当たり前の理由なのですが、
普通のマッサージ業をやり始めたときは、
そのような需要があるとはまったく考えていなかった場合が多いのです。
しかし女性の体を男性がくまなくマッサージすることで、
元々意図していなかった女性の反応が現場で起こり始めます。
男性は女性の体を普通にマッサージしているだけなのに、
女性の体はあれやこれやと様々な反応を示し始めます。
女性向けマッサージのとても重要な原点を書いてみた次第です。
女性向けマッサージであれやこれやとお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージをポジティブに活用するためには、
美容健康効果、ストレス解消効果、非日常体験効果、などなどを、
プラス効果として実感できるサービス内容・質が必要になります。
さらに女性客とマッサージ師との相性効果も作用します。
人間と人間の相性が悪い段階で、
サービスの効果は実感できないでしょう。
実感できないどころか、マイナス効果に作用します。
マイナス効果にお金を支払う結末にまります。
そういう意味で相性が良いマッサージ師を見つけたら、
そのマッサージ師をリピートしたくなる気持ちはわかります。
しかしこのあたりもそう単純な話ではないのです。
この話を推し進めれば空間エネルギーのお話になります。
何はともあれ一期一会の女性向けマッサージをお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージで非日常的感覚を愉しむためには、
女性向けマッサージはあくまでも非日常である必要があります。
つまり女性向けマッサージにどっぷり浸かってはいけないのです。
さらに言えば、どっぷり浸かるほど頻繁に女性向けマッサージを受けた場合は、
その女性の体の感覚は女性向けマッサージに対して耐性を持ち始めます。
耐性を持ってしまえば非日常的感覚は薄れてしまいます。
また同一人物から女性向けマッサージを受け続ける場合は、
さらにその感覚に複雑な人間模様(人情)が絡んできます。
女性向けマッサージは体が忘れだした頃にほろりと思い出し、
その思い出した感覚的余韻を愉しみながら、
次の女性向けマッサージを受けるかどうかを吟味してくださいませ。
2014年に受けた女性向けマッサージはいかがでしたでしょうか?
今年は年間を通して約50人くらいの女性からこのサイト宛に、
様々な女性向けマッサージを受けた感想メールをいただいております。
その感想メールの内容は以下の二つに分かれています。
(1)女性向けマッサージを受けて良かった感想
(2)女性向けマッサージを受けて最悪だった感想
(1)に関しては、
はじめて女性向けマッサージを受けて、
こんなに気持ちがいいサービスがこの世に存在することへの驚き、
気持ちが良かったサービス内容、
マッサージをリピートして男性のことが好きになってしまった、
などの感想がありました。
(2)に関しては、
サービス提供者の男性がまったく好みのタイプじゃなかった、
マッサージとは程遠いサービス内容だった、
サービスの途中から聞いてもいないサービスをやり始めた、
男性がいきなりズボンを脱ぎ始めた、
サービス後の後日に執拗にメールが来た、
などの感想がありました。
その他に共通した事項は、
お互いに事前にちゃんと言うべきことを言っていなかったことが、
サービス内容・セッションに影響している場合が多いと感じます。
もちろんサービス内容・ハプニングは密室空間での女と男の関係性に影響されますので、
事前に事細かなサービス内容は説明できかねる場合が多いとは思います。
ですので女性向けマッサージサービスで女性側が客としてのスタンスを保つためにも、
事前に女性側が大局的な希望的アナウンスをしっかり発することが重要事項になります。
2015年も女と男の関係性に影響される女性向けマッサージをお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージは女と男の駆け引きサービスです。
女性は女性向けマッサージを受けたいと思い男性にオーダーします。
男性は女性向けマッサージを受けたいと思う女性にサービスします。
男性は女性向けマッサージを受けたいと思う女性の心と体をマッサージで刺激します。
女性は女性向けマッサージで刺激されて自分の心と体が変化していく様を感じます。
男性は自分が施す女性向けマッサージで女性の心と体が変化していく様を感じます。
女と男の間にマッサージを仲介させるだけでその密室空間の質が変化します。
女性向けマッサージをする前、している最中、し終わった後、などなどの、
女性向けマッサージによる様々な変化をお楽しみくださいませ。
施術者が女性向けマッサージを長年継続させるためには、
本業にしろ副業にしろ、
自分の健康維持に努めなければいけません。
心身ともに乱れていてはいけないのです。
強いて言えば、女性が女性向けマッサージでどれだけ乱れたとしても、
施術者自身は常に冷静と情熱の間を保つことがポイントになります。
乱れた後の女性を上手にセーフティーに引き戻すことが重要です。
そのためには施術者は絶えず冷静と情熱の間を保つ必要があります。
「現実と非現実」「日常と非日常」の往来を嗜む(たしなむ)為には、
様々な女と男のパターンを知り経験することが必要です。
「行きはヨイヨイ帰りは怖い」ではサービスとしてはよくないのです。
秋から冬の女性向けマッサージのパターンをお楽しみくださいませ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
40代です。
女性向けマッサージ暦は17年超です。
関西で活動しています。
女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
> カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)