忍者ブログ
女性向けマッサージの収支について。
全国的に見て、女性向けマッサージの平均単価は、
1回の施術(2時間くらい)がおおよそ1万円~2万円くらいです。
例えば、1回1万5千円とします。
売れっ子マッサージ師さんなら1日2人はするでしょう。
1日の売上は1万5千円×2人=3万円になります。
月に22日働いたとして、月収が66万円になります。
女性向けマッサージの経費はどうでしょうか。
出張にかかる交通費は基本的にお客さんが負担します。
施術料金に交通費が含まれている場合と、
別途交通費を請求する場合とがあります。
電車もしくは車のガソリン代やパーキング代などです。
ホテルでの施術の場合は、ホテル代はお客さんが負担します。
施術消耗品・備品としては、マッサージオイル、施術服、タオル類になります。
例えば、超売れっ子マッサージ師さんなら、
1回2万円で1日2人はするでしょうから、
1日4万円の売上で月に20日働いて80万円になり、
年収1千万円も夢ではないでしょうね。
もちろんこの仕事は体力仕事ですので、
女性向けマッサージ師さんはお体にお気をつけくださいませ。
PR
女性向けマッサージのトラブルが増えているみたいです。
男性施術者が女性客の意にそわないサービスをすることが、
トラブルの一番の原因になります。
密室で男が女にマッサージを施すのが女性向けマッサージです。
この密室空間ではどちらの意識も究極に変容しますので、
最果ての宇宙を漂っている感覚にさえ陥る場合があります。
変容した意識の中でも安全に女性をナビゲートできる男性施術者のみが、
女性向けマッサージを永年継続されているのかもしれませんね。
何はともあれ、安心安全衛生的なサービスを心がけてくださいませ。
女性向けマッサージに関する記事がありました。
週刊誌「AERA」2013年12月2日号です。
記事タイトルを以下リンクしておきます。
『切除したはずの乳房に感覚 夫の「愛情療法」で』
キーワードは「心と体」みたいです。
詳細な記事全文はAERAをご購読くださいませ。
ちなみに同雑誌にはこのような以下リンク記事もありました。
『セックスはコミュニケーション願望の究極形?』
女性向けマッサージの可能性をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージを本業でされてきた男性施術者さんが、
この仕事だけでは生活が成り立たなくなったのが理由で、
本業の職種をタクシー運転手にかえられました。
女性向けマッサージを本業で数十年続けるのは至難の業になります。
その理由は様々ですが、経済的な理由が多いみたいです。
というわけで、女性向けマッサージを本業ではなく、
副業でされている方がほとんどみたいです。
ちなみに本業をタクシー運転手にかえられた男性は、
これからも副業で女性向けマッサージをされるみたいです。
これまでの熟練技術が絶えないように、
益々のご活躍を願っております。
女性向け官能小説の話題をニュースで見つけました。
詳細を以下にリンクしておきます。
女性向け「官能小説」人気、レーベル相次ぎ誕生 社会進出とリンク
以上のタイトル記事になります。
大昔から官能小説は存在しています。
さらにその読者層は、昔から女性が多かったのも事実です。
男性の場合は、視覚的に官能を受ける非現実なアダルトビデオやグラビア写真を好みますが、
女性の場合は、段階的に官能を受ける「現実にあるかもしれないシチュエーション」の物語を好むみたいです。
女性向け官能小説の中には、女性の心と体を紐解く様々なヒントがありそうです。
女性向け官能小説レーベルの益々の活況を願っております。
女性向けマッサージを選別するのは難しいです。
女性向けマッサージを受けてみようと考えている女性にとっては、
昔に比べて業者の選択肢が多くなりました。
10年前に比べて女性向けマッサージの業者の数は、
私の感覚では、約10倍くらいになっています。
女性向けマッサージの宣伝媒体は100%がネット媒体です。
HPのデザインは様々ですが、
その中に書かれているサービス案内は似たりよったりです。
結局、「たかがマッサージ」ですので、
女性がHPから選別する上で気になるポイントは、
施術者がどんな人物か、マッサージの質、料金、などがポイントになってきます。
業者はHPであれやこれやと、たくさんのウンチクを並べていますが、
最低限の施術者の自己プロフィールや自己アピールを書かれたほうが、
選別しようとHPを見ている女性にとっては安心材料の参考になるでしょう。
女性向けマッサージを選別する女性にとって必要なのは、
「今、私、とても受けてみたい・・・」という欲求ですね。
女が男に要求するのが女性向けマッサージの大前提みたいです。
女性向けマッサージの主流について。
マッサージには様々な流儀が存在しますが、
大方の日本人女性が好むマッサージの流儀は以下の2つに分かれます。
(1)日本式のあんま指圧マッサージの流儀
(2)西洋&東洋式のオイルマッサージの流儀
どちらも手指および手掌による押圧によって体表に刺激を与えます。
体表への刺激によって、様々な生体反応が期待されます。
女性向けマッサージの主流は、これら2つの流儀の混合みたいです。
そしてこれらの施術をしながら、
筋肉・関節の可動域を広げる整体やストレッチをします。
可動域を広げることによって、様々な生体反応が期待されます。
体表刺激と可動域拡張を組み合わせることによって相乗効果が期待されます。
そして女と男が密室でこのような行為に及ぶことで様々な因果が発生いたします。
女性向けマッサージの主流で【man69woman=∞】の本質をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージの関連記事を見つけました。
記事のタイトルは以下になります。
~「伝説の性感マッサージ師」がメディア露出を辞めた理由判明~
記事内容リンク
女性向けマッサージ業界の人なら多くが知っている大御所の御方です。
私的には当時深夜に放送されたテレビ出演は見たことがありませんが、
アテナ映像から出ている彼の作品は見たことがあります。
メディアにはじめて女性向けマッサージを露出させた功績があります。
彼の作品でマッサージの多様性・可能性を教えていただきました。
女性向けマッサージは様々な手技で気血水を振動させて、
女性の心と体を温め高揚させるものだと感じた次第です。
マッサージで繋がる女と男の密室の空間が宇宙に繋がる瞬間をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージでの興味深い女性の発言があります。
女性向けマッサージをしている最中に、
女性が男性施術者に以下のようなことをよく言ってこられます。
「マッサージ師さんは女性の体に興奮しないんですか?」
「マッサージ師さんはこのような状況でしたくならないんですか?」
「マッサージ師さんは最後まで我慢できるんですか?」
「マッサージ師さんは女性の体を焦らし弄び過ぎです」
「マッサージ師さんは興奮してないようだけど、私の体に魅力がないですか?」
「マッサージ師さんは寝た子を起こしたまま何もせずに帰ってしまうんですか?」
女性は男性施術者に以上のようなことをよく言ってこられます。
つまり女性はこれまでの一般的な男性関係での状況との違和感から、
女と男の当たり前のシチュエーションが崩れている状況になります。
このような状況が女性の性的な優位性を不確実にさせてしまうみたいです。
様々なこれまでの当たり前が転換しやすい時代なのかもしれませんね。
女性向けマッサージでの女と男の心理的な攻防をお楽しみくださいませ。
『マッサージの女性人気1位はリンパマッサージ』という記事を見つけました。
マイナビニュースの以下リンクの記事に書かれています。
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/29/086/index.html
「あなたが一番好きなマッサージはどれですか?」という、
男女総合での調査結果は以下になるみたいです。
1位 指圧・あん摩:20.9%
2位 整体:19.9%
3位 足裏マッサージ:14.0%
4位 リンパマッサージ:13.8%
5位 オイルマッサージ:11.0%
6位 タイ古式マッサージ:5.9%
7位 カイロプラクティック:5.5%
しかし女性側の人気1位はリンパマッサージだったみたいです。
この調査結果から女性向けマッサージについて考察できることは、
ノーマルマッサージとオイルリンパ系マッサージの混合マッサージが、
総合的にミックスされるので良いのかもしれませんね。
女性のご期待に沿えるような女性向けマッサージが理想です。
4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
∞京都市内在住の40代です。
∞2000年から女性向けマッサージをしています。
∞京都を中心に関西で活動しています。
∞女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
∞「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
∞女性向けマッサージに関するご依頼やご要望は以下メールへ。
massage_man69woman@yahoo.co.jp
> カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)