忍者ブログ
女性向けマッサージで寝た子を起こされて、
しばらくの間その感覚に溺れてしまう女性がいます。
サービス提供者側の男性は女性と付かず離れずの関係がベストです。
さらに言えば次から次へと女を渡り歩くという意味でもありません。
次から次へとまじめに女性を対峙し推し測りながら、
女と男の不確実性を感じてもらえるサービスが理想です。
繋がる時間の空白を不確実性で埋め合わせることが、
カルマ解消になることをご提示させていただきました。
PR
女性向けマッサージはたかが男が女に施すマッサージです。
時間はほんの数時間のサービスです。
はじめて会する女と男がもしくは会するのは数度目の女と男が、
密室でマッサージをするがままにされるがままに時間を過ごします。
世にも不思議な女と男のシチュエーションがマッサージによって成立しています。
得体の知れない男が女の柔肌をくまなくマッサージします。
女はこうしてほしいああしてほしいここはダメそこはダメと男に告げます。
男はこうしてほしい?ああしてほしい?ここはダメ?そこはダメ?と女に告げます。
限られた時間の中で心と体を通わせるために極限のアプローチをします。
薄暗がりのぼんやりとした灯りが女と男の極限のシルエットを浮かび上がらせます。
女と男のしてほしいとダメの攻防をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージの本質は、
男が女の体を隅々までマッサージすることです。
様々な手技・スタイルのマッサージがあるでしょう。
様々な手技・スタイルで様々なマッサージプロセスをたどります。
女性向けマッサージは最初から最後まで男が女の体を触り続けます。
1時間、2時間、3時間、・・・ずっと触り続けます。
女の体のここやあそこ、こんなとこあんなとこ、・・・まで触ります。
女と男がひたすら触り触られを繰り返し、
サービス時間における最終着地点を模索します。
ですので女性向けマッサージはあらかじめ決まった着地点は存在しません。
その場その場の女と男の掛け合い・ぶつかり合い・アドリブで、
女性向けマッサージは最終着地するのです。
どこにも最終着地できない女性向けマッサージにご注意くださいませ。
女性向けマッサージの依頼が少なく暇な時期ですが、
この時期に芽吹きの春に向けてエネルギーを蓄えておいてください。
私的な業界経験において感じますことは、
春に女性は確実に性的感受性が高まります。
夏の場合と春の場合は種類が違うように感じます。
夏の場合は放出的開放感が性的感受性を高めます。
春の場合は体内ホルモンが性的感受性を高めます。
女性の体が一番性的エネルギーに満ちているのが春だと感じます。
桜が美しく咲き乱れる時期をお待ちくださいませ。
女性向けマッサージは社会の影に存在します。
目立ち過ぎると、ろくなことはありません。
サービス内容に関しても、
あれこれ詳細をガイダンスしても意味がありません。
女性向けマッサージの最終的な構成内容は、
密室空間での女と男のエネルギー交流に依存します。
女性向けマッサージを受ける女と施す男が、
密室空間という極致でエネルギーを混じり合わせます。
お互いの心と体を絡め合いながら、
壊れない程度に無難な限界極致を探り合います。
女性向けマッサージを気長に継続させるためには、
ハードランディング≦ソフトランディングをオススメいたします。
女性向けマッサージの依頼が少なくなる季節になりました。
寒い12月~2月は女性向けマッサージの依頼が急激に落ち込みます。
女性向けマッサージ暦15年超の私も毎年この暇な季節を体験してきました。
この暇な季節は多くのお店が割引キャンペーンを企画します。
なるべくゼロを回避するために割引し集客するのです。
サービス時間延長付加サービスやホテル代コミコミサービスなどもします。
都市圏~地方都市を中心に女性向けマッサージ店は増えています。
サービス内容も安心安全衛生的なお店が増えています。
女性向けマッサージをされているサービス提供者さんは、
最低でも5年間は同じ看板名で継続することを目標に頑張ってください。
5年間継続することで女性向けマッサージを取り巻く様々な反応が垣間見れます。
女性向けマッサージを真面目に探求することで、
女と男の無限をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージの風景は色々あります。
女性向けマッサージをホテルで受ける場合は、
マッサージを受ける前に女性はシャワーを浴びます。
マッサージを受ける前に体を温めておくためです。
ホテルの部屋の温度はしっかり温めておきます。
少しでも冷えを感じてしまうとマッサージ効果はNGです。
施術者にとって室温は暑いくらいがベストです。
室温とアドレナリンの相乗効果で施術者は汗をかきます。
少し汗をかいた後のほうが体の動きは良くなり落ち着きます。
サービスは前半・中盤・後半と様々な変化に富みます。
女と男が絡み合うエネルギー・気がホテルの密室空間に充満します。
そのエネルギー・気は様々な様相の塊になったり分散したりします。
密室空間での女と男のエネルギー・気の交流をお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージはそのときの効果を楽しんでください。
女性向けマッサージはあくまで時間の隙間を埋める行為です。
人間は様々なことをして時間の隙間を埋めて生活しています。
皆さん時間の使い方は自由で様々です。
共通している意識は有意義に時間の隙間を埋めたいということです。
有意義に時間の隙間を埋めて次の時間に移行したいでしょう。
女性向けマッサージサービスが有意義な時間になるか否かは、
【サービスの質】と【女と男の相性】によって決まります。
女性向けマッサージは男が女の体をくまなくマッサージします。
初対面の女と男が密室でこのような行為をします。
マッサージされる女もする男も血が騒ぎ出し火照ります。
ここで大事なことはその場で時間を完結させることです。
密室での女と男の異質な時間の共有を次の時間につなげるために、
その場ですべてを完結させてください。
言葉での説明が難しいので伝えにくい内容です。
長年女性向けマッサージをされている男性なら、
経験上納得していただけるのではないでしょうか。
女と男にとって有意義な女性向けマッサージであることを願っております。
女性向けマッサージをホテルで受けるときの風景。
2パターンあります。
①マッサージのためにホテルを利用するパターン
②宿泊のためにホテルを利用するパターン
①の場合はデイユースやラブホテルなどの時間貸しになります。
3~5時間で5~6千円くらいは必要です。
時間の制約がありますので何かと不便です。
女性向けマッサージは時間制が基本ですが、
決まった時間でハイ終わりといったサービスではありませんので、
なるべくロングタイムの時間的余裕があるほうがベストです。
この場合のお客さん層は地元の主婦層や独身OL層が多いです。
時間帯はお昼間~夕方の時間帯が多いです。
②の場合はお客さんが宿泊するホテルで付随的に女性向けマッサージをします。
ですので施術者さんはお客さんの時間が許す限り、
時間的余裕を持ったサービスをすることが可能です。
この場合のお客さん層は出張族ビジネスウーマンや旅行者層が多いです。
時間帯は深夜の時間帯が多いです。
年齢層に関しては①②両方共に30代半~50代半が多いです。
女性向けマッサージをホテルで受けるときの2つの風景でした。
女性向けマッサージは男が女に施すマッサージです。
それ以下でもそれ以上でもなく、
マッサージの内容に定義はありません。
私的に「man69woman=∞」と表現しています。
この表現自体は古典的でもあり現代的でもあります。
大昔から現在まで続く「女と男の形」でもあります。
この形は固定観念にとらわれない解放でもあります。
とにかくすべてを解放するために私は動いています。
流動的な様々な「女と男の形」をお楽しみくださいませ。
1 2 3 4 5 6 7 8
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
40代です。
女性向けマッサージ暦は17年超です。
関西で活動しています。
女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
> カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)