忍者ブログ
女性向けマッサージのサービス構成について。
女性向けマッサージを施す男と、
女性向けマッサージを受ける女がいます。
女性向けマッサージが行なわれるきっかけの大前提は、
女性が男性に女性向けマッサージを要望することから始まります。
女性の要望がないところからは女性向けマッサージは始まりません。
女性向けマッサージの進行ベクトルの行方が曖昧なのは、
女と男の駆け引きの自由度・柔軟度に理由があります。
男が女をカクテルで酔わせて生理的欲求を乱すかのように、
マッサージにも生理的欲求撹乱作用があります。
マッサージで体表隅々を刺激するとこで、
毛細血管が拡張し血が動き出し体全体が火照り出します。
思考回路を空白状態に導いたりもしますので変性意識状態にもなりやすいです。
様々な関節の可動域を他動的に全方位ベクトルに揺り動かされることで、
ある種の宇宙的無重力空間を漂う感じにもなります。
マッサージには様々なベクトルへの誘導装置が備わっていますので、
男性は女性向けマッサージを要望する女性の安全な最終着地点をイメージしながら、
女性向けマッサージのサービス構成を組み立ててくださいませ。
PR
女性向けマッサージリンク集にリンク掲載したい条件について。
基本的にリンク掲載の受付募集はしておりません。
管理人と女性による情報収集・ネット巡回・体験談などをもとに、
リンク集にリンク掲載するお店を決定いたします。
リンク掲載するかどうかの判断材料としての最低条件は以下になります。
①まじめに女性向けマッサージをしていること。
②同じ店名・看板名で継続的に5年~10年以上営業していること。
③ノーマル全身マッサージができること。
④HPに施術者の名前やプロフィールが開示されていること。
⑤料金表示やサービス概要が明確に表示されていること。
⑥不衛生なサービスをしていないこと。
⑦女性向けマッサージ以外のサービスをしていないこと。
以上が最低条件になります。
女性の皆様方が良質な女性向けマッサージを受けれることを願っております。
女性向けマッサージは女性にとって免罪符の役割をしてくれます。
女性の心と体も男性と同じでどうしても欲してしまう場合があります。
女性がどうしても欲してしまう場合、男性との接触を切望します。
男性に体を触ってほしいと衝動的に突き動かされます。
しかし無選別に男性と接触はできませんし、
何をされても良い訳ではありません。
さらに言えば、男性に接触してもらうための建前が必要になってきます。
女性にとって恥じらいの心理的要因は重要なポジションです。
様々な物理的要因・心理的要因が絡み合って考慮した結果、
安全パイとしての選択肢の中に女性向けマッサージが入ってきます。
サービス提供者側(施術者)が考慮しなければいけない大前提は、
女性の心と体の機微(きび)を感じ取り適切な対応を取ること。
さらに女性向けマッサージが女性にとって免罪符の役割を演じれるか否かが、
マッサージを受けた後の感覚や意識付けとして重要になってきます。
女性向けマッサージが女性にとってちょっと気になるモノであることを願っております。
女性向けマッサージのその後も考えましょう。
マッサージをされた後はどうなんでしょうか。
最悪のパターンは、マッサージが最悪だったときの場合です。
あなたが想像していた内容、希望していた内容、
とは程遠いサービス内容だった場合は、
もちろんマッサージが終わった後は、
さらに後味が悪い、最悪な気分が継続するでしょう。
つまり結果的に、お金を支払って最悪なサービスを受けるわけです。
マッサージというサービスがすべてにおいてこのリスクをはらんでいます。
あなたと施術者との相性が決定的に左右します。
それではマッサージはとても気持ちがよくて満足した場合はどうでしょうか。
とても気持ちが良い状態でマッサージが終わります。
その後の施術者さんの態度は様々です。
マッサージが終わると、即座にそそくさと帰るパターン。
マッサージが終わると、あれこれ会話してから帰るパターン。
マッサージが終わると、業務外の余韻を残す行為を継続するパターン。
その後の女性側の態度も様々です。
マッサージが終わると、即座にそそくさと着替えるパターン。
マッサージが終わると、あれこれ会話をしだすパターン。
マッサージが終わると、業務外の余韻を残す行為を欲しがるパターン。
両者共に、この他にも色々なパターンが想像できます。
なにわともあれ、マッサージが終わった後に、
最悪な気分に包まれた密室空間にならないようにご注意くださいませ。
女性向けマッサージの懲りない面々たちについて。
以前から気になっていましたが、
最近益々、女性向けマッサージの業界に、
痛い(イタイ)面々が増殖しています。
女性向けマッサージを無料の趣味でされている面々に関しては、
私のスタンスとしては、ノーコメントです。
趣味の範囲で女性の同意の下に何をされても、
あとは法の下で責任のある女と男のお遊びです。
女性向けマッサージをお金をもらい業としてされている面々に関しては、
経済活動としての様々な条件提示が必要になります。
「密室で男が女に(マンツーマンで)マッサージを施す」という
サービス提供するのが女性向けマッサージの定義です。
条件提示の内容例としては、
①商取引としての店名・個人名・連絡先などの提示
②サービス内容の提示
③サービス価格の提示
④責任所在の提示
⑤サービス提供者案内の提示
などなどが上げられます。
女性向けマッサージの懲りない面々が増えるよりも、
女性向けマッサージで女性の心と体の凝り(こり)が減ること願っております。
女性向けマッサージ業界も芸能関係との繋がりがあります。
女優・タレントさんたちから出張依頼が入り、
宿泊先のホテルに出張してマッサージをします。
ほとんどの場合が深夜遅い時間帯の急なオーダーです。
芸能人さんだとわかっても、
別段、特別扱いはせず、知らぬふりをして、
いつものようにマッサージサービスをします。
もしスッピンだとわからないこともあるでしょうが・・・。
なにわともあれ、女性向けマッサージ業界も、
色々なお客さんの層があるということをご披露させていただきました。
白い粉がメディアを騒がせています。
白い粉のことは以前このブログでも取り上げています。(No170にて)
その時、白い粉と女性向けマッサージの共通点をご紹介しました。
どちらも副作用や依存性があることが共通点です。
この前、ネットの拾い読みで見たのですが、
世の中にある商的なモノ・サービスの目的の源流は、
「快楽を得る目的」か「苦痛を避ける目的」かのどちらかに分類できるみたいです。
確かに考えて見ますと、
快楽を得るために様々なモノ・サービスを享受し、
苦痛を避けるために様々なモノ・サービスを享受します。
そういう観点から考えて見ますと、
白い粉の場合は、
肉体的快楽を得る効果と肉体的苦痛を和らげる効果があります。
女性向けマッサージの場合は、
肉体的快楽を得る効果と肉体的苦痛を和らげる効果があります。
手法は違えど似たような肉体的効果があります。
ここから先は心の問題になります。
最終的に心が病んでしまうようなモノ・サービスなのか、
もしくは心が明日に繋がるようなモノ・サービスなのか。
女性向けマッサージが明日に繋がる活力になることをご期待しています。
女性向けマッサージを盛り上げてくれるメディアについて。
雑誌週刊誌などのメディアでも、
たまに女性向けマッサージに関する話題が取り上げられます。
女性向けマッサージがメディアで取り上げられるときの種類は2種類です。
①ネガティブな体験談
②はじめて味わった体験談
①に関しては、男が女の希望にそぐわないマッサージをしてしまう場合です。
マッサージのサービス内容は様々でしょうが、
要するに、マッサージ(サービス)が終わる段階で、
安定した着地点に着陸できなかった、というパターンです。
以前からこのブログで何度もこの話はしています。
女性向けマッサージは、マッサージを媒介にして、
女と男が共に作り上げる物語です。
女と男の攻防(心と体のせめぎ合い)を繰り返しながら、
物語をソフトランディングで終わらせるための着地点を模索します。
ですので女と男の社会的コミュニケーションが重要です。
マッサージを施す男性は自己満足完結型にならないようにご注意してください。
②に関しては、女が男のマッサージにとても満足した場合です。
様々なマッサージサービスによって心と体が満足した状態で、
物語を終わらせることができたことへの満足感でしょう。
密室の異空間で繰り広げる女と男の攻防がエネルギー・活力となり、
お互いの心と体を明日へ繋げることが可能です。
女性向けマッサージが明日へ繋げるエネルギー・活力になることを願っております。
女性向けマッサージは男が女にマッサージサービスで奉仕します。
女性は男性が奉仕するマッサージサービスを純粋にたのしみます。
ではどのようなたのしみがあるのでしょうか。
①マッサージで気持ち良くなれるたのしみ(快感脳内ホルモン分泌)
②マッサージでストレスが解消されるたのしみ(緊張状態の弛緩)
③マッサージで細胞が潤うたのしみ(潤滑油オイル作用)
④マッサージで適度な疲労感を味わえるたのしみ(他動的筋運動)
⑤マッサージで血流促進するたのしみ(毛細血管拡張作用)
⑥マッサージで非日常性を体験できるたのしみ(異空間性)
⑦マッサージで他者と繋がるたのしみ(女と男の攻防)
⑧マッサージで自分の心と体を探求できる楽しみ(知識・体験欲求)
などなど、列挙しだすときりがありませんね。
「女性向けマッサージのたのしみ」を純粋にお楽しみくださいませ。
女性向けマッサージは全身くまなくマッサージします。
具体的には、頭頂から足先までです。
施術者によってマッサージの手技は様々ですが、
リラクゼーションが目的のマッサージの場合は、
熟達した施術者は必ず全身をマッサージします。
全身くまなくマッサージすることで、
全体表の毛細血管を拡張させて血流を促します。
アンチエイジングを実践されている50代半ばの女性が以下のように言っていました。
「私はいつも体表で血流が滞りやすい箇所をマッサージしています。
そうすることで、全ての活動がイキイキしてきます。
色々なアンチエイジングの手法があるでしょうけど、
私の場合はとにかく血流が滞らないことのみに焦点を絞っています」
私から見てその50代半ばの女性は40代前半に見えました。
普段はセルフマッサージを継続しながら、
たまに自分へのご褒美にホテルでマッサージを受けられるみたいです。
女性向けマッサージというサービスの存在が、
女性にとって有意義な存在でありますようにと願っております。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
40代です。
女性向けマッサージ暦は16年超です。
関西で活動しています。
女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
> カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)