忍者ブログ
女性向けマッサージは衛生的かつ安全でなければいけません。
女と男が様々な状況で体を触れ合います。
女と男が様々な状況で空気を共有します。
女と男が様々な状況で非日常を感じます。
女と男が様々な状況でその時を埋めます。
男が女にマッサージすることを女性向けマッサージと言いますが、
その大前提として衛生的かつ安全でなければならないのはいうまでもありません。
女性向けマッサージへの信用は、
衛生面と安全面の確実性にかかっているのかもしれませんね。
何はともあれ「女性向けマッサージの定義」をお忘れなく。
PR
暖かい春になりました。
様々な生命活動が芽吹き始める季節です。
女性は欲求や希望や夢などを実現してみようと、
ついつい体が動いてしまうでしょう。
ですから積極的な行動と対に、
注意深さや慎重さも持ち合わせてください。
女性向けマッサージの業者さんにとっては、
春から秋にかけてはサービスタイムです。
つまり女性からの依頼がとても増える季節ですので、
一人ひとりの女性に対して注意深く慎重に対応してください。
基本レベルのマッサージサービスが大前提であることをお忘れなく。
春から秋にかけての女と男の因果をお楽しみくださいませ。

女性向けマッサージのやり方にも流行りがあります。
もちろんそのような流行りのやり方が雑誌で紹介されたりはしません。
単にこの業界内だけでなんとなく雰囲気として流布しているだけの話です。
私なりにその流行りから感じますのは、
単なる時間の穴埋めでは女性たちは納得していません。
「あ~、とても気持ちがよかった、さらに…」
マッサージセッション後に明日に繋がる心と体への財産・副産物を求めておられます。
女性が再度リピートされる場合は、
100%が【快楽+財産・副産物】がデマンドになります。
女性向けマッサージの流行りのやり方が益々斬新に進化していくことを願っております。
女性のストレス解消法は何ですか?
という最近発表された某アンケートの結果によりますと、
1、睡眠
2、食事・間食
3、リラクゼーションサービス(マッサージ、エステ、ヘッドスパ、など)
という以上の順位結果になったみたいです。
ヘッドスパに関してはいかにも現代的なサービスですが、
マッサージやエステは大昔から女性に人気のストレス解消法であります。
女性向けマッサージにおいては、
大方のお店がマッサージとエステを融合したサービスを提供していますので、
女性のストレス解消法のデマンドに大なり小なりマッチングしていると言えますね。
家庭や社会でしっかり働いてストレスを蓄積したあとは、
そのストレスをしっかり解消してくださいませ。
女性向けマッサージへ行こう・ブログを開始して、
もうかれこれ7年くらい経過しました。
これまでに女性の方から女性向けマッサージについてのご質問・ご意見がメールできました。
よくあるメール内容を以下に書いてみます。
 1、いったいどんな内容なんですか?
 2、どんな女性たちからの依頼が多いですか?
 3、不感症とか治りますか?
 4、施術者さんと会ってから、もし生理的にダメな場合は断ってもいいのですか?
 5、全身マッサージを受けた経験がないんですが、痛くないですか?
 6、いきなり襲われたりしませんか?
 7、料金体型が様々ですが、どんな違いがあるんですか?
 8、彼氏や旦那に罪悪感がありますが、それでもたまに受けたくなります
 9、感じ終わり満足したあと、急に覚めてしまう自分がいます
10、施術者さんを好きになってしまいました、どうしたらいいですか?
11、どれくらいのスパンで受けたら効果がありますか?
12、いきなりラブホテルとか大丈夫なんですか?
13、その他、様々な被害体験の報告
ご質問・ご意見に対する返答は施術者さんによって様々でしょう。
女性の方々は、受けてみようかと吟味している段階では、
気になることや意見をその施術者さんにメールしてみるのもいいと思います。
もしくはあなたの女としての気分に任せて勢いで依頼してみるのも選択肢の一つでしょうか。
女性向けマッサージには確たる型(かた)が存在しませんので、
伸るか反るかはお互いの相性でもあります。
とりあえず言えることは、
期待より不安の方が強い段階では、
まだ受けない方がよいかもしれません。
春の芽吹きまでお待ちくださいませ。
女性向けマッサージをするためには、
まず最低限の全身マッサージの技術が必要になります。
リラクゼーションサロンやホテルルームサービスで行われている全身マッサージです。
次に最低限の体の知識が必要になります。
つまり基礎的な解剖学や生理学の知識です。
女性の体の構造や作用を知らずに女性向けマッサージはできません。
加えて女性とのコミュニケーションスキルが必要になります。
女性の体を理解した上で、女性の心を感じます。
最終的に女性が施術者のマッサージに癒され満足するか否かは、
上記の総合的な必要条件以外にも、
女と男の様々な要因・因縁が絡んできますので、
施術者は様々なパターンを経験するしかありません。
相手は相当手ごわいですよ。
2013年を迎えました。
つまり2012年は越えたというわけです。
女性向けマッサージをはじめたばかりのビギナーの方は、
経験による技術の習得発展を願います。
女性向けマッサージを数年間されてるミドルの方は、
経験による技術の試行錯誤を願います。
女性向けマッサージを数十年間されてるオールドの方は、
経験による技術の鍛練練磨を願います。
何はともあれ、女性向けマッサージの益々のご発展を願います。
女性向けマッサージのお店が増えてきました。
つまり、本業か副業かは別にして、
近年女性からお金をもらい女性向けマッサージを施す男性が増えてきたというわけです。
10~20年前は、女性からお金をもらい女性向けマッサージを施す男性の人数は、
日本中においても数十人~百人超くらいでした。
ここ最近の5年くらいで急激に増えてきました。
おそらく日本中において数百人~千人超くらいはおられると思います。
それらのリストを作ってみるのも興味深いですね。
何はともあれ女性向けマッサージは、
女と男のその後の行方・因果に関わってきますので、
十分に検討・吟味した上でご利用してくださいませ。
女性向けマッサージへの期待は、
女性の悩みと直結しています。
カウンセリングや占いなどで、
女性が悩みを打ち明けるように、
女性向けマッサージにおいても、
女性がマッサージ師に悩みを打ち明ける場合が多いようです。
マッサージで心と体が開放されると、
理性的コントロールが鈍磨してきます。
鈍磨した時間的空白を、
マッサージ師がどのように埋めるのかが、
女性の期待でもあります。
とりあえずは前置き・大前提が必要みたいです。
女性向けマッサージのカップルさんからの依頼には、
要注意しなければいけません。
カップルさんからの問い合わせのほとんどの場合は、
男性が女性に諸事情を説明しないで依頼をしてきます。
何も詳細を知らない女性は、
普通のマッサージだと思っている場合が多々あります。
まず女性向けマッサージ師は、
どのような状況なのかをしっかり把握しなければいけません。
男性からの過度な要求があればあるほど、
女性がどのようなマッサージを望んでいるのかを、
五感を研ぎ澄ませながら観察をして、
最終着地点を模索します。
女性向けマッサージは基本的に女性とマッサージ師の世界ですので、
たとえカップルさんと言えども、
男性は第3者の傍観者になります。
このようなシチュエーションが生み出す空気はとても異質ですので、
女性、マッサージ師、男性、共々みなさんは、
因果の複雑系にご留意くださいませ。
5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
∞京都市内在住の40代です。
∞2000年から女性向けマッサージをしています。
∞京都を中心に関西で活動しています。
∞女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
∞「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
∞女性向けマッサージに関するご依頼やご要望は以下メールへ。
massage_man69woman@yahoo.co.jp
> カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)