忍者ブログ
男性向けの出張性感エステのお店で働いている女性からお話をお聞きしました。
その女性は月に20~22日くらい出勤しています。
夜8時~朝5時までの勤務です。
平均したら毎日3人くらいの男性客にサービスをするみたいです。
1人に対して90分~120分くらいが多いみたいです。
デリヘルと同様、ドライバーさんがエステ嬢をホテルや個人宅に送ります。
性感エステがデリヘルと違うところは、
女性が、脱がない、舐めない、触らせない、のが基本です。(ただしオプションがあります)
この三つのサービスがない風俗が性感エステの醍醐味です。
女性は出張場所に到着すると、まずエステの衣装に着替えます。
オプション料金を支払えば、セミヌード衣装も可能です。
しかしスタンダード衣装でも十分イヤらしいです。
エステではホホバオイルを使います。
お客はうつ伏せになり、丁寧なマッサージが足裏から始まります。
女性のマッサージするスタンダード姿位は、
絶えずお客さんの体の一部に自分のランジェリーの股間エリアを密着させています。
例えば最初に足裏をマッサージしはじめるときは、
男性のふくらはぎ辺りに股間を密着させて体を足側に向きながらマッサージします。
徐々に上がってくる度に、その密着部位が男性の股間に近づいてきます。
女性は焦らしながら徐々に男性の股間に自分の股間を近づけていくのです。
マッサージはとても丁寧にそれなりの刺激を加えて行います。
リンパの流れが促進されて健康増進と性的興奮が増してきます。
人間本来の生理学的機能にとても叶ったサービスです。
陰部周辺になるとさらにゆっくりとした手技でリンパを刺激します。
ほとんどの男性はもうこの段階で意識は異次元に飛んでいます。
男性はうつ伏せから仰向けになった瞬間にさらにビジュアル的な刺激に襲われます。
つまりうつ伏せのときは股間に密着された接触感覚に酔いしれるのですが、
仰向けのときは女性のイヤらしい手つきや焦らす瞳やこぼれ落ちる胸の谷間などのビジュアル的な刺激が追加されます。
ここまできた段階でほとんどの男性の意識は幽体離脱したかのように解放されています。
「射精しなければいけない」という男性の呪縛は解放され、
「ずっとこのままの状態でいたい」という意識へと変容していきます。
女性が男性を性感エステで癒すときも、
「♂69♀=∞」の方程式が当てはまるというお話をさせていただきました。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
> 案内
∞女性向けマッサージについて書いています。
∞女性向けマッサージについて自由にコメントしてください。




> プロフィール
HN:
man69woman
性別:
男性
職業:
マッサージ、整体、鍼灸
趣味:
隙間を埋めること
自己紹介:
40代です。
女性向けマッサージ暦は17年超です。
関西で活動しています。
女性向けマッサージを通じて人間や社会を見ています。
「man69woman=∞」の意味を探求していきましょう。
> カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 最新コメント
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
(12/19)
(12/19)
(12/19)
(12/19)